『ぬらりひょんの孫』アニメ全話を見た感想

どうも、よぐる(@yogurublog)です。

「ぬらりひょんの孫」のアニメを見たので感想を書きたいと思います。

このアニメは椎橋寛さん原作の作品で、原作の漫画は「少年ジャンプ」に連載されていました。「スタジオディーン」がアニメを制作。2010年の夏アニメとして放送され、本編24話+総集編2話の全26話でした。

「ぬらりひょんの孫」とは?

<あらすじ>
浮世絵町に住む少年・奴良リクオは見た目はおとなしいごく普通の中学生。 しかし彼が暮らす古風な日本家屋では妖怪たちが身の回りの世話をしていた。 というのも、リクオはよろずの妖怪の頂点に立ち、 魑魅魍魎たちを従えるぬらりひょんの孫。 現在空席となっている妖怪一家“奴良組”の三代目頭領と目される男だったのだ。 しかしながら当のリクオはそんなことには無関心。 人間として暮らしていくことに強い執着をもっていた。 リクオはぬらりひょんの血を引くも、母、祖母ともに人間の、妖怪と人間との クオーターだったために、妖怪の力を発揮するのも夜に限られていたのだ。 しかも妖怪になっている時の記憶は人間の時のリクオにはない。 いつかは三代目を継いでくれると信じてやまない奴良組配下の妖怪たち。 そしてリクオをふがいなく思い、奴良組に変わって 妖怪の頂点に立とうと野心を抱く妖怪たち。 浮世絵町に暮らす人間たちをも巻き込んで、さまざまなドラマが繰り広げられる。 いにしえより人々に“畏れ”られてきた妖怪。 果たしてリクオはその畏れをまとい、妖怪の頂点に立つことができるのだろうか――。 忠義、仁義、友情に絆、そしてバトルも描く妖怪任侠絵巻。

(出典元:「ぬらりひょんの孫」アニメ公式サイト

はじめに

原作の漫画は確か10巻ぐらいまで読んだ記憶があります。ジャンプに連載されていた時もたまに読んだりしていました。その時の印象だと漫画は中々面白かったと思います。素人の私がこういうことを書くのもあれですが、作者の方が描く絵も上手だったなと。画力の高さは感じました。

今回たまたまこの作品を思い出しましてアニメの方を見て見ようと。

感想

昼は人間の少年で夜はかっこいい妖怪の姿にになるという主人公の設定や、祖父が築いた奴良組という妖怪のヤ〇ザ組織でしょうか。その3代目になるために敵妖怪たちと戦い仲間に支えられながら成長していくというストーリーは良かったです。 ここまでたくさんの妖怪が出てくるようなアニメはほとんど見たことがないのでちょっと新鮮でした。

リクオを支えているつららなどの妖怪たちも普段は12歳の子供のリクオに対して敬語で話したり「若!」などと呼んで慕っているのがいいなと思いました。傘下の組の妖怪が奴良組の和を乱したり、リクオが3代目になることを快く思わない妖怪がいるなど様々な問題が起こったりもしましたが、更にここからリクオがどう成長していくのか気になるところです。現時点でも妖怪時の姿での戦闘能力は高いように見えましたが。

満開の桜が印象に残りましたけどとても綺麗でしたね。あの桜の木にリクオが登り座っているシーンも結構あった気がしますが何か意味があるんでしょうか。

全体的に見ると設定やキャラなどは良かったですけど内容に関しては、四国妖怪との戦いの話が1話1話話が進むのが遅く感じたり、戦闘シーンもあまり良く感じなかったため終盤は少し展開に飽きてしまいました。面白いとはちょっと言えないかも・・・。どちらかというと内容はつまらなかったですかね。 2期ではリクオの父親や奴良組を築いた祖父・総大将ぬらりひょんの過去の話などもあるようなのでそこは気になるところです。

キャストについて

キャラ声優
奴良リクオ福山潤
家長カナ平野綾
雪女堀江由衣
青田坊安元洋貴
黒田坊鳥海浩輔
首無櫻井孝宏
杉田智和
牛鬼中田譲治
牛頭丸吉野裕行
馬頭丸保志総一朗
鴉天狗間島淳司
河童矢部雅史
花開院ゆら前田愛
清継谷山紀章
巻沙織阿澄佳奈
鳥居夏実平田真菜
柿原徹也
木魚達磨辻親八
納豆小僧新井里美
毛倡妓かかずゆみ
奴良若奈水野理沙
一つ目入道松山鷹志
良太猫石井真
ぬらりひょん大塚周夫

納豆小僧のような小さくて可愛らしい妖怪やつららのような可愛い女妖怪など姿かたち様々な妖怪が多数登場し、魅力的なキャラが多く良かったです。気持ち悪い妖怪も・・・。

先ほども書きましたが昼と夜で別人の姿になるというリクオの設定もいいなと。妖怪時の姿はかっこよかったですね。ちょっと遊戯王の遊戯を思い出しましたが。

この作品ではたぶん女キャラではつららが一番人気がありそうですが、私ははゆらが一番好きですかね。京都弁を話す陰陽師の少女というのが可愛くていいなと。前田愛さんの演技いいですね。

モブの妖怪にも有名声優さんを起用していたり力を入れている感じがしました。

主題歌について

<オープニングテーマ>
「Sunshine」MONKEY MAJIK(第13話~総集編)

<エンディングテーマ>
「Symphonic☆Dream」片手☆SIZE(家長カナ(平野綾)、雪女(堀江由衣)、花開院ゆら(前田愛))(第13話~23話、総集編)

OPはモンキーマジック、EDはヒロインの3人からなる片手サイズが担当していました。OPに関しては2番目のOPが良かったかなと。

EDは3人のヒロインが躍っているといった感じの映像で手抜き感は感じたものの可愛い感じのEDで良かったと思います。曲自体もかなり好きでした。

最後に

1期は思っていたよりも残念な感じではありましたが2期があるので・・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました