『おしえて! ギャル子ちゃん』アニメ全話を見た感想

どうも、よぐる(@yogurublog)です。

「おしえて! ギャル子ちゃん」のアニメを全話見たので感想を書きたいと思います。

このアニメは「鈴木健也」さん原作の作品で、「feel.(フィール)」がアニメを制作。2016年の冬アニメとして放送されました。全12話でした。

「おしえて! ギャル子ちゃん」とは?

<あらすじ>
見た目はどこからどう見ても金髪ギャルで遊んでそうに見えるけど 、実は純情な女の子。 そんなギャルな外見と素直で優しい内面のギャップが可愛らしいギャル子を中心に、眼鏡で背の小さなオタ子、おっとり天真爛漫なお嬢の三人が、いろんな場所でガールズトークを繰り広げる日常コメディ!

(出典元:「おしえて! ギャル子ちゃん」アニメ公式サイト

感想

仲の良いギャル子とオタ子とお嬢がガールズトークを繰り広げて同じクラスの他の女子や男子が絡んでくるといった感じで、みんなとても仲がいいなあと思いながら見ていました。ただトークの内容ほぼ全話でしょうか。下ネタが結構多かったですね。高校生なので思春期ということでそういう話題が出るのも不思議ではないわけですけどクラスのみんなに聞こえているのではないかとか考えずに堂々と下系のワードを言えるのは凄いと思いましたw女子校ではなく共学で男子も普通にいる中ですからね。特にオタ子ですが知識が凄いなと。

私はいい大人なので下系に対して耐性があるのでそこまで下系の話に対して引くことはなかったですけど結構人前では話しにくい話題も出てきていましたね。アニメと現実を比べるのはおかしいかもですけどあのような会話は学生時代できなかったと思います。女子同士の下系の話は凄いと聞いたことはありますがあんな感じなのでしょうか・・・。

主人公のギャル子ですがあのような顔が広くてクラスの誰にでも気軽に話しかけられて、気配りができるような、あんなにできたギャルというのは現実に存在するのだろうかと考えてしまいました。高校生とは思えないスタイルもしていますし・・・。あのような子なら男子モテるのは普通だろうなと。

オタ子やお嬢とも仲がいいですし自分とはタイプの違う人間に対しても分け隔てなく接することが出来るし純情ないい子でしたね。家庭的でもありますし。人は見た目では判断してはいけないようです。でもギャル子さんの胸の大きさヤバいですね。しかしあの胸の大きさを超える生徒がいるという事実。色々な特徴を持ったキャラもたくさん出てきてそこも良かったなと思いました。

キャストについて

キャラ声優
ギャル子和氣あずみ
オタ子富田美憂
お嬢高橋未奈美
チャラ男櫻井孝宏
スポ男小野大輔
オタ男松岡禎丞
アベセン中村悠一
アゲ美石上静香
ヤバ菜本渡楓
肉子木村珠莉
オカ子飯田友子
委員長諏訪彩花
王子芳野由奈
メタ子加隈亜衣
不思議ちゃん久保ユリカ
ブド子鈴木絵理
ボム男古川慎
ノリ介八代択
コン太天﨑滉平
ハカセ熊谷健太郎
フツ男小林裕介
ネト郎村田太志
クセ太藤井ゆきよ
ツン乃千本木彩花
キバ美大西沙織
フジ美牧野由依
ギャル子姉日笠陽子
ナレーション能登麻美子

知っている声優さんばかり結構豪華な声優陣でしたね。しかし松岡さんが出ている率の高さがヤバいような。

オタ子の役が富田美憂さんですがこんなにまだお若いのにこんなに前から出ていたんだなと。この当時はまだ16歳の現役高校生だったようです。この作品に合っていますね。 後はナレーションの能登麻美子さん。あの綺麗な声でほぼ毎回下ネタのワードを言っていたり「ギャルル♪ギャルル♪」などのSEを担当していたり。さすがに笑わずにはいられませんでした。

主題歌について

<オープニングテーマ>
「YPMA☆GIRLS」ギャル子(和氣あず未)、オタ子(富田美憂)、お嬢(高橋未奈美)

EDはなくOPだけでしたが曲はZAQさんが作詞作曲したようです。3人の仲良さげな姿や青春を感じるようなOP映像で良かったです。

最後に

正直そこまで期待していませんでしたけど普通に面白かったですしショートアニメで1話1話さくさく見ることができたのも良かったなと。



コメント

タイトルとURLをコピーしました