『いわかける! -Climbing Girls-』アニメ全話を見た感想

どうも、よぐる(@yogurublog)です。

「いわかける! -Climbing Girls-」のアニメを全話見たので感想を書きたいと思います。

このアニメは石坂リューダイさん原作の作品で、BLADEがアニメを制作。2020年の秋アニメとして放送されました。全12話でした。

「いわかける! -Climbing Girls-」とは?

<あらすじ>
――「スポーツクライミング」。
それは、頭脳と肉体を駆使し、己の身体一つで壁を登る競技。
パズルゲームの天才・笠原好(かさはら・このみ)が偶然出会った、校内名物のクライミングウォール! まるで、色とりどりの「岩のパズル」のように見えた…
そんな運命の出会いが、好の人生を一変させる!
花宮女子高校クライミング部の仲間と共に頂点を目指して駆け上がれ… アツい本格クライミング・ストーリーが、今始まる!

(出典元:「いわかける! -Climbing Girls-」アニメ公式サイト
TVアニメ「いわかける! – Sport Climbing Girls -」PV

感想

「スポーツクライミング」という競技を題材にしたアニメで「スポーツクライミングをテーマとした世界初のアニメ」とのことでしたが、この競技についてはあまり馴染みがなく知らなかったため、どんな種目があるかやルールなどをこのアニメを見ることで知ることができたのは良かったかなと思います。

このアニメで知る前は岩に手と足をかけて登ると言ったような単純な競技だろうとか思っていましたけど、指定されたコースをどのようなルートで登っていくかとか、大きさや形の違う岩をどう上手く使って登っていくかとか、体を休ませるテクニックとか体だけではなく考えたり計算したりして頭も使う競技なんだなと。知ってみると中々奥が深いスポーツなのかも。

最終話の主人公の腕とか、登場したキャラの中には腕だけではなく腹筋バキバキのキャラもいましたけども、相当鍛えられるような競技なんだなとも感じました。見ていると一度やってみたいなとも思うんですけど、相当きつそうな競技で、上に登っていく競技ですので高い所が苦手な自分にはできないなと・・・。

「スピート」とか相手とタイムを競うような種目もありましたが、相手と戦うというよりも個人競技だと思うので自分と戦うような競技だなと感じました。先ほど書いたように腕の筋肉とか腹筋とか全体的に体の筋肉が鍛えられそうな感じですけども、精神的にも鍛えられて強くなれそうな競技に感じます。

馴染みがないと書きましたが、何年ぐらい前からでしょうかね。テレビのスポーツニュースで取り上げられたりして目にする機会は増えたような気がしますね。日本人選手が活躍しているのを見る機会も結構増えて特に女子選手ですかね。伊藤ふたば選手とかちょっと話題になっているのを見たことがあります。東京オリンピックの種目になったり、調べたところテレビでたまに大会の様子など放送されたりもしているらしいですね。そういうこともあってか昔に比べると人気や知名度も徐々に上がってきているんでしょうか。

アニメの内容は高校の女子のスポーツクライミング部の話で、スポーツクライミングという一つの事に打ち込み上を目指して行くといったようなスポコン的な感じの作品でしたね。時には結果が出ずに挫折したり、仲間と衝突したりしながらもそれを乗り越えて行く姿は良かったなと思います。昔から顔なじみというかライバルだったりが立ち直るきっかけを与えたりしていたのでいい関係だなと感じました。

主人公の好はオブザベーション能力というのを発揮してどうやったら正確に登れるかを考えだして1回で登るという経験者でも驚くような凄い才能を見せていましたが、ゲーマーで激しい運動をしていなかった状態の未経験の状態から半年ぐらいであそこまでの実力を身につけたというのはちょっと凄すぎますよね。主人公なのでそういう設定なんでしょうけども。

もうすでに凄い選手ですがこの先どれぐらいの選手になるのか気になります。作者の方がどのぐらい先まで考えているのかは不明ですがプロになるとこまで描いていくんでしょうか。菊ちゃんもたぶん将来的に花宮高校の部に入部するんでしょうし続きはかなり気になります。いいライバルたちもたくさん登場しましたしね。

ただなんというかこのスポーツクライミングという競技はアニメだからなのか作画の問題なのかは分かりませんが「凄さ」というのがいまいち伝わりづらいというかあまり伝わってきませんでした。やはり実際に自分で経験しないと凄さとか登っていくことの大変さ、きつさというのは分からないですよね。地味なスポーツだともいえるのかもしれないですが。

あとはなんでしょうか。競技用のユニフォームがあんな感じだからなのか尻のアップだったりアングルというか。露骨なエロを感じました。野々華の開脚したシーンがあったと思いますがちょっと笑ってしまいましたw

キャストについて

キャラ声優
笠原好上坂すみれ
上原準石川由依
四葉幸与鈴木愛奈
杉浦野々華富田美憂
岩峰一愛小松未可子
熊谷千草國立幸
佐藤丸乃花守ゆみり
藤田真澄植田千尋
沙村里奈御堂ダリア
大場久怜亜Machico
新島香寺崎裕香
内村茜藤田茜
来栖アンネ田村ゆかり
紅花一文磯部花凜
高橋水夢三澤紗千香
後藤十三子安武人
後藤菊子原田彩楓
藤村あすか小清水亜美

変というか・・・なんか個性的なキャラのみなさんばかりだったように思います。蜘蛛を思わせるような女の子や、語尾に「にゃん」や「やんす」と付けるような女の子など・・・。

特に印象に残ったのは「くるくるすー♪」が口癖の田村ゆかりさん演じる来栖アンネ。田村さんの熱狂的なファンなの方々のことを「王国民」と呼ばれているようですが、このアニメの作中にも彼女がアイドルという設定だからかそういうファンの方々がたくさん出てきましたね。なんというか田村さんに合った役だなあと感じました。

ただ表と裏の顔の違いがかなりある怖いキャラに感じましたし、あまり個人的には好きになれないキャラですね・・・。主人公に対して嫌みを言ったりするキャラもいましたが基本的にはみんないい子たちばかりだったと思うんですがアンネだけは・・・。ああいうキャラも必要なのかもしれませんが。

主題歌について

<オープニングテーマ>
「もっと高く」鈴木愛奈

鈴木愛奈 – もっと高く《Suzuki Aina – MottoTakaku》

<エンディングテーマ>
「LET’S CLIMB↑」花宮女子クライミング部 [笠原 好(CV.上坂すみれ)、上原 隼(CV.石川由依)、四葉幸与(CV.鈴木愛奈)、杉浦野々華(CV.富田美憂)]

鈴木愛奈さんがOPを担当していましたが、この声優さんといえば私がすぐ思い浮かんだのはラブライブサンシャインのあのキャラとか邪神ちゃんですね。今回のOPの曲を聴いてちょっと印象が変わったなと。キャラを演じながら歌った曲は聴いたことがありましたけど歌手として歌ったらこういう感じで歌うんだなと。曲も良かったですけども力強い歌声でかなり上手だなあと。

動画を検索していたらアニソングランプリに出ていたことを知りましたがあのイベントに出るぐらいなので歌が上手なのは当然なのかもしれませんね。どうでもいいですけどアニソングランプリといえば鈴木このみさんが出ていたアニソングランプリは見ていたのであの年のが一番印象に残ってますね。かなり上手でしたよね・・・。

最後に

このアニメを見てスポーツクライミングに興味を持った人も多いと思うんですが、去年東京オリンピックがあればもっと注目されたアニメになったんでしょうかね。オリンピックで日本人選手がこの競技で活躍している姿を見たいですけど今年も無理でしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました