昔『バトルロワイアル』の漫画を読んで吐きそうになった話

どうも、よぐる(@yogurublog)です。

今回は「バトルロワイアル」の漫画を読んで吐きそうになった思い出でも書こうと思います。漫画のグロいシーンを読んで吐きそうになったのはこの漫画を読んだ時だけです。

バトルロワイアルといえば

もうだいぶ前になるのではっきりとは覚えていませんが藤原竜也さんが主演の映画が公開されてかなりヒットしたようで話題になっていた記憶があります。 内容は中学生同士が殺し合うというものでグロシーンもあったり過激な内容の作品ですね。R15指定もされていますし。私は当時小学生ぐらいでしたかね。劇場で見ることは当然できず、高校生ぐらいの頃にDVDを借りてきて見たんだったかな。映画に関してはそこまでグロかった記憶はないですが・・・。

古本屋で漫画を発見

中学生ぐらいの頃土日は結構な頻度で古本屋に漫画の立ち読みをしに行っていたんですがそこでたまたまバトルロワイアルの漫画を見つけて読んでみることに。 内容は知っていましたがまさかここまで・・・とは。

読んでるとだんだん気持ち悪くなってきて・・・

グロいシーンが多いのはこの作品の内容を考えれば普通ですが、なんというか銃で撃たれた時に内臓とか脳みそとか出るような描写の感じがリアルに描かれているように感じたんでしょうね。

読み始めて10分~15分ぐらいかな。徐々に気持ち悪くなってきてかなりヤバいことに。吐くことはなかったですが吐き気がかなり押し寄せてきました・・・。そこで読むのをやめて帰りました。もしそのまま読み続けて店内の床に吐いたりでもしたらヤバいですからね。

中学生だったのもありますが当時の私には相当刺激が強すぎたようです。

今でも最後まで読んでいない・・・

しばらくした後に中古で8巻ぐらい買って読んだものの未だに最後まで読むことはできていません。内容は面白いだけにやはりあのグロさはきついですね。

最後に

グロということしか書いていませんがエロいシーンも結構あったような気がします。途中までしか読んでいないので感想はあまり書けませんけど桐山和雄という中学生離れというか人間離れしているキャラもかなり強く印象に残ってますしかっこいいキャラでしたね。ただ彼が表情を変えず次々に同級生を殺していくシーンは読んでいて戦慄を覚えました・・・。 普通に面白い漫画ですしいつか勇気を出して続きを読んでみようかなと。いつになるのかは分かりませんが・・・。しかし中学生の時に読んでかなりの衝撃を受けた漫画でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました